放射線治療とウオーキング

6回目の放射線治療に行く。
毎度同じタイトルで同じような内容であるがワシにしてみれば一日である。
30回分同じタイトルにする。
今朝は少し早く起きたので、ボケーとしていても仕方ないので余裕を持つために早めに出かけた。
すると月曜日と言うのにこの先週より空いている。ちょっと時間帯がずれるとこうなのかなと思う。
病院に早く着いたのでコーフィーカフェでゆっくりした。
9時に放射線を受ける。
治療が終わった後診察のある日である。
変わりはないかと聞かれる。小水の回数が増えてきたようです、自宅を出る時してきたのにここに来るまで1時間位でまたしたくなるくらいになりましたという。
前立腺治療の人が多いので心配になってきましたと話す。
放射線治療の副作用は3週間くらいしてからであり、抗がん剤の副作用にしては早すぎるようだという。
放射線治療するために撮ったCT画像からは前立腺には異常はないようだが心配なら前立腺がん検査のための採血検査と小水の検査をしましょうとなった。
診察が終わった後、採血と小水を取った。結果は先生の都合で27日に聞くことになった。
終ったのは10時半である。
帰ってきて昼食を食べ1時間後に薬を飲んで昼寝する。寝てしまう。今までは横になっても寝ることは少なく休憩するだけであったが薬を飲んですぐ寝るので薬などの影響かなとも思う。
起きるとウオーキングに出かける。
日差しが強く風が当たらなければ暖かいが風邪が吹き出すと汗もかかない位である。
でも桜の花が咲き始めた。週末にはずいぶん咲くと思う。
帰り道スーパーによる。今日も土佐分担がある。4個入りを買い込む。

呼び出し器である。
画像

採血した。この前に取ったところからである。
画像

桜の花が咲き始めた。
画像

送電線の鉄塔の電線も残すは小さい雷除けの架空地線のみとなった。
画像

イチョウの木に説明書きがある。「イチョウはとても長生きで丈夫な木、大昔の恐竜が生きていた時代からほとんど姿を変えずに生きているので「生きた化石」と言われる。700才と言うイチョウもある」
画像

土佐分担である。
画像


at:隠居宅

"放射線治療とウオーキング" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント