体(骨)の勉強とウオーキングと筋トレ(13)

今日は骨について勉強した。
人の体には206個もの骨の組み合わせで支えられている。
骨はからだを支えるだけでなく、内臓を守ったり、カルシュウムを貯めて置くはらきをしている。また、筋肉と協力して立ったり歩いたりといった運動をする働きもしている。
骨の骨格図
全身の骨図.jpg
代表的なものを選んでみる。
先ずは
〇頭蓋骨:脳を守る頑丈な器
頭蓋骨の正面と側面図
頭蓋骨の正面.jpg頭蓋骨の側面.jpg
ほぼ平たい骨がしっかりとかみ合って出来ている。
pic_karada018_01.gif
もし頭蓋骨がなかったら頭をぶっつけるだけで脳が崩れてしまう。
〇脊柱:脊髄を守る。体を支える柱
脊柱の左は側面、右は後面図
脊柱左側面右後面.jpg
脊柱は臼のような骨がいくつも重なって出来ている。
もし、脊柱が無かったら人は立っていることも座っていることもできなくなる。
〇肋骨:心臓や肺を守る。
肋骨の正面図
graph_karada018_04.gif
肋骨は心臓や肺など大切な臓器を守る鎧の役目をしている。呼吸をする時に肺が膨らんだり、縮んだりするのに合わせて動いている。肋骨は筋肉の力を借りて動く。肋骨は左右に12対合計24本の骨で出来ている。
〇手の骨:手を器用に動かす
手の骨図
graph_karada018_05.gif
手(片手)は全部で27個の骨がかみ合って出来ている。
・手首の付け根にある手根骨:8個
・手の甲にある中手骨:5個
・手指の骨 指骨:14個
である。
骨の構造はどうなっている?
graph_karada018_06b.gif
骨の中にある骨髄では酸素や二酸化炭素を運ぶ赤血球、細菌やウイルスとたたかう免疫の主体となる白血球、けがをしたときに出血を止める血小板などが作られている。またこれらの血球成分や養分・ホルモン・老廃物などを運ぶ液体成分の血漿は肝臓で作られていると言われる。
骨のけがや病気は?
骨折が多い。転んだり、高いところから落ちたりして骨が折れたり、骨にひびが入ったりする。
病気には骨粗しょう症がある。
骨粗しょう症は骨からカルシウムが溶け出して骨が弱くなり、折れやすくなった状態である。さまざまな病気や薬の影響でなることもある。
主に女性に多く更年期や閉経後、加齢によって進行すると言われる。自覚症状があまりなく、ちょっとしたことで骨折しやすくなる。病気が進行すると咳やくしゃみをしただけで骨が折れたりすることがあるという。
骨が弱くなるのは骨を作る力が弱くなることが主な原因で、運動不足やカルシウムの不足も骨を弱くする。女性は閉経を迎え、女性ホルモンの分泌が減少することで骨が弱くなってくるという。
予防するには子どものころから太陽の下で適度な運動とカルシウムやマグネシウムなどを取ることが大切である。更年期以後の方はカルシウムもより一層必要になり、運動もまず歩くことから買い物の時に少しだけ遠回りしたりする努力が必要になる。
午後はウオーキングに出かけ日課のコースをこなしてきた。
今日はBとD氏にあった。

at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

田村 俊司
2021年02月18日 18:33
以前、私の年賀新聞のコラム欄に「若返りの秘訣とは」と題して骨に関する記事を掲載しましたので、その際に少し勉強をした内容の一部を披露させて頂きます。
人間の骨とは、体を支えていて、外圧からの衝撃を感知し体を守るためだけではなく、全身に向けて様々なメッセ-ジ物質を送り出す事によって「若さを保ちつかさどる」大切な役割をしているのですよ。
従って骨が弱ると、骨から出されるメッセ-ジ物質量が見る見る減少してしまい老化現象が急速に進行するのです。
骨からのメッセ-ジ物質が脳に届くと、記憶力や免疫力それに精力などをどんどんと高めて行ってくれ、知らず知らずのうちに病気から体を守ってくれているのです。
従って、老化のスイッチは骨にあり、骨が人体の全てをコントロ-ルしていると言っても過言ではありません。

人骨は毎日体内にて作り替え作業を繰り返して行っており、3〜5年で全ての骨が入れ替わります。
骨は衝撃を感知すると、直ちに骨細胞が活発に働き、骨芽細胞の数を増殖させてくれるのです。
骨は私達が活動的に動いて衝撃を与えている限り、全身にメッセ-ジ物質を沢山出して、臓器の若さを保っていてくれているのです。

そこで、貴方も今日から、是非だまされたと思って、つま先立ちをし「かかとからドスン・ドスン」と地面に着地する運動を毎日30〜40回程、してみて下さい。
きっと若返りますから。

私も毎日、早朝のラジオ体操の後は、20回程と、夕刻の散歩帰宅後には、30回程行っています。

                       田 村 俊 司 



釣り好き神子
2021年02月18日 19:09
貴重な情報をおおきに
おっしゃる通りと思います。
勉強していて思うのですが骨だけではなくて皮膚などを含めてすべてが生き物で、生まれては死んでいくようです。
このエネルギーは何処にあるのかと思えばやはり心臓から有り送り出す血液だと思います。
全身に血液が回っていればすべて活性化されると思います。
それが年を取るにしたがって体を動かさなくなり、血液の循環が悪くなりあらゆる細胞が再生されなくなるのが人間の退化だと思うようになってきました。
血液循環は心臓だけの力だけではないと思うようになりました。
あらゆるところの筋肉などが援助していると思います。
特につま立ち運動は良いと思います。
ふくらはぎは第二の心臓と言われています。
ふくらはぎを鍛えることによって血液循環は良くなると思っています。
それに気づいてふくらはぎを鍛える筋トレも取り入れています。