荷物をリュックに入れる

チェック表に基づき確認しながらキャンプ地に行くまで使わないものからリュックに入れ始める。
釣り餌であるイクラは冷凍してあるが29日の出発時に入れる。
朝食は食べていくが昼はおにぎりを持って行く。
年を取るとキャンプ地に行くだけで重労働である。
昔は解禁日の3月1日に山に入り、テントを設営し釣りをやっていた。
最近はテント設営するだけで疲れから足が吊ったりするようになった。
したがって食料分が少し多くなるが前日に山に入りテント設営を行うことにしたのである。
釣と言うより自然を楽しむためである。車には自由に入って釣りをしてくださいとのメモを残す。
ビデオカメラは6時間位取れるので良いが、デジタルカメラが充電式のバッテリーなので途中で無くなる。
予備の電池をケーズデンキに買いにゆく。
店員と話していると、電池は有ったが電池と同じくらいの値段でモバイルバッテリーと言うカメラやスマホにも充電できるのがあるというのでそちらを買った。
モバイルバッテリーは6,700mAhと言う容量のものを買った。高くなるがもっと大きい容量のもある。
カメラの電池は740mAhなので9回くらい充電できる。
スマホの電池は2,400mAhと大きので2.5回くらい充電できる。
文明は進んでいると新たに認識した。
ほぼ持って行く荷物がそろった。
中には尿瓶(瓶でなくプラスチック)、夜トイレに2回くらい起きる。外に出る時は釣りをする時のように着こまなければ、小水している間にガタガタ震えるくらい冷えてくる。
寝た切り病人になった時のリハーサルをしているようなものである。かさばるが重宝である。
孫の手なども持って行く、意外と背中がかゆくなる時がある。暖かければ外に出て背中を木などにこすりつけてかくのであるが寒くてどうしようもない。これも重宝している。
明日は最終チェックを行いすべての荷物を入れる。

ほぼ荷物がそろった。尿瓶に孫の手である。
DSCF2570.JPGDSCF2571.JPG
着ていく洋服と釣りのための道具は身に着けるためのぞいた。
DSCF2572.JPG
車止めから林道を歩く。29年の時は2時間半歩いている。ほとんどが林道である。台車で運び山に入るときだけ背負うことにする。
DSCF2573.JPG
モバイルバッテリーのセットである。
DSCF2574.JPG

at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント