楽しく餅つき会

保育園の餅つき会を行った。
朝7時過ぎに保育園に行き下準備をする。
8時になるとお父さんたちがやってくる。
もち米を蒸すかまど、トン汁用のかまど、魚を焼くかまどを作ってもらい。
薪で火を起こしたり、炭を起こしてもらう。
準備ができてくるとビール片手に行う。
保育士が来ると解凍した魚を洗い塩を付けてもらう。
大きいニジマス5匹ばかりはチャンチャン焼きにするからと塩を付けないで三枚におろしてもらう。
餅つきは子ども3人が来ている親は10年近くなるのでベテランである。リードをとってもらう。
炭が起きてくると魚を焼き始める。
なぜか今年は子ども達が焼きたいという。焼き方を教えて任せる。
あまり魚をいじくると身が崩れてくるよと教える。
餅つきが始まる。最初だけやって見せる。
10時になると室内でクラスごとに出し物が始まる。外に居るお父さんたちに自分の子どもの時は室内に入ってもらう。
11時頃記念写真を撮ると食べ始める。
搗(つ)いた餅、焼いた魚があっという間になくなって来る。
チャンチャン焼きの準備をする。
ニジマス、野菜(キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、もやし)、タレは味噌に酒と砂糖を入れて溶かす、バターを用意し、鉄板にアルミホイールを敷いて食材を包み込む。そして弱火にかける。30分くらいで出来上がる。
お腹がいっぱいになってくると庭にあるみかんの収穫、室内では百人一首などを行う。
そして人気の綿あめつくりが始まる。お変わり自由なので何回も並ぶ子がいる。
12時に一旦終わりになる。
後は有志だけでたき火を囲み二次会の居酒屋となる。子ども達はみんな兄弟のように遊ぶ。
いろんな話が出る。
そして16時に終わりにした。
魚は一匹も残らず食べていた。

魚を焼き始める。子供がやってくれる。
画像

餅つきが始まる。
画像

魚がドンドン焼けてくる。
画像

寝て居る子供を背負ったまま餅つきのこねる役をやるお父さんもいる。
画像

子どもにも交代でついてもらう。
画像

綿あめにみんな並ぶ。
画像

みかんを取ってもらう。
画像

百人一首をやる。
画像


at:自宅

この記事へのコメント

三面相
2017年12月03日 07:40
子供たちが魚を焼いてるのがいいですね。
餅つきだけでなくって魚を焼くことも少なくなっています。
いい経験になると思います。
長野のいごっそう
2017年12月03日 08:47
餅つき大会は、色々と盛り沢山のメニューがあり、ほぼ1日中楽しめますねぇ~。子供達には良い思い出になった事でしょう。
甥っ子
2017年12月03日 11:07
準備が大変そうですが、楽しそうですね?魚の完食ってうれしいですね?用意したかいがあったって事ですね。(^O^)v
釣り好き神子
2017年12月03日 11:59
三面相さん
年寄は消え去るのみです。
これからの子ども達に魚の良さを知ってほしいと思います。釣ってみたいという子もいたので教えるよと言ってあります。
興味があれば何でもやらせてやりたいですね。たき火もやらせます。大人がいるところでやらせだめなところを教えなくてはなりません。
釣り好き神子
2017年12月03日 12:08
長野のいごっそうさん
最近は預かっている子の卒業していった小学生や、中学生も来ます。
中学生には綿あめつくりをやってもらいます。
大人が楽しくしていれば子ども達も楽しく遊べます。
居酒屋で飲みながら話をしていると小さい子が膝に乗ってきます。親と楽しそうに話をしているから悪い人ではないと分かるでしょうね。
釣り好き神子
2017年12月03日 12:16
甥っ子さん
ワシにとっては準備も楽しさの一部です。
魚をもっと出したことがありましたがあまり多くなると良いところだけ食べて食べ残しをしてしまいます。ちょっと足りないかなくらいが良いですね。美味しいと喜んで食べてくれるのでワシもうれしいところです。

この記事へのトラックバック