賑やかに高知県人会

昨夜は関東高知県人会があり出席した。
毎年のように参加している。
参加者は600名くらいという。
よさこい鳴子踊りでオープニングに始まり会長挨拶、来賓あいさつと始まる。
開始30分前についていたがすでにテーブルの上には飲み物とつまみが置いてある。
さしつさされつで飲み始める。これが良いのである。
来賓の挨拶などほとんど聞いていない。
そして鏡開きで開始となる。
中土佐町のカツオ実演、大月町マグロ解体ショーが紹介される。
出身地のテーブルや学校別のテーブルがあるが飲み始めると関係なくなる。
名刺交換をしながら誰とでも話す。
舞台では織田哲郎のギター演奏や福引が続いている。
終わり近くなると2次会に参加する人を探す。
近くの飲み屋は高知県人で満杯になるので、東銀座の高知県人がやっている店に予約を入れる。
子ども連れの女性を含めて8名となる。タクシーで移動する。
県人会はホテルで行うので洋食である。
二次会は寿司とかリュウキュウもみなどの土佐料理を食べる。
あっという間に時間が過ぎてしまう。
23時に終わりにして途中まで子ども連れの彼女をみんなで送った。
電車は最終になっていた。

会長の挨拶、同じ故郷出身の人である。
画像
画像

マグロの解体、マグロの大トロを食べる。美味しい。
画像
画像

二次会は土佐料理の居酒屋で行う。親子連れをみんなで送った。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2016年11月26日 21:37
参加者が600名とは大盛況でしたね。
土佐人の集まりだから、お酒の消費量も凄かったでしょうねぇ~。
22日から横浜の姉夫婦が来訪していました。
23日に長野市内で、えびす講の花火大会があり、これの観賞が主な目的でしたが、25日~26日は諏訪方面に1泊旅行して、昼頃現地解散して帰宅しました。
釣り好き神子
2016年11月27日 09:12
長野のいごっそうさん
毎年参加していると知っている人も増えてきます。あっという間に時間が来てしまいまう。
したがって親しい人とは二次会でゆっくり話します。
今の時期に花火大会は珍しいです。
でも楽しめてよかったですね。

この記事へのトラックバック