盆踊りと孫

昨夜も盆踊りがあった。
しかし、雲行きが良くない。雷さえ聞こえてくる。
19時から始まったが参加者は少ない。天気が悪くなるのを予想したのであろうか。
神社はすぐ目の前なので孫達を連れて踊りに行く。
孫達はお祭りも好きであるが踊りも好きなようである。
人の踊りを見よう見まねで踊っている。
段々と雷が近づいてくる。
ピカッと光ると女の子たちがキャーと言うほどである。後、30分すれば雨が来る。
主催者に告げる。30分もしないうちに雨がぱらつき始めた。
早めの休憩を取り、アイスを配った。
食べているうちに本降りになってきたので今日はこれでお終いとなった。
自宅に帰り孫達と遊ぶ。
このほうが孫達は喜ぶ。23時過ぎまで遊んだ。
雨は止んでいたが一人お泊りすると言って他は帰って行った。

2日の盆踊り、天気が良くないのか参加者が少ない。
画像

孫達の写真を撮った。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2015年08月03日 09:13
雨で盆踊りも中止ですか、
子どもはどこででも遊べるのでそれが素晴らしいです。
雨が降ると少し涼しくなっていいいでしょう。
釣り好き神子
2015年08月03日 18:50
三面相さん
子供はどこでも何でも遊べなくてはいけないと思っています。
子供のころは大人から教わった遊びは少なく兄から教わっていました。
小学高学年になると自分たちで工夫して遊びましたね。
雨は直ぐ止んだので涼しさはやってきませんでした。
明日は山荘に避暑の予定です。
長野のいごっそう
2015年08月03日 20:59
折角の盆踊り、雨で残念でしたね。
でも全面中止でなくて良かったです。
ワシは、今日別の病院へ行ってきました。
神子さんの言うように、尿酸値を抑制する薬と痛みどめの薬は、同時には服用しないそうです。
薬は、神子さんと同じ「ロキソニン錠」と「胃薬」を処方してくれました。
医師の診断では、尿酸値は確かに高いが、膝の痛さは痛風ではなく、半月板などの損傷による痛さの可能性が高いようだとの診断結果でした。
暫く、痛みどめの薬で様子を見て、痛さが治まれば尿酸の治療をすることになりそうです。
明日から孫たちと、能登・飛騨方面へ出掛けてきます。
暫くご無沙汰しますので、宜しくお願いします。
釣り好き神子
2015年08月04日 04:15
長野のいごっそうさん
こちらの方が的確な診断結果だと思います。
痛風は左足の親指の関節に出るのが普通と言われます。
>膝の痛さは痛風ではなく、半月板などの損傷による痛さ・・・
となればレントゲンに写らないのでしょうかね。
薬持参でしょうがお孫さんたちとゆっくり楽しんできてください。

この記事へのトラックバック