テーマ:片づけ

七人の侍

山荘をのんびりと片づけ始める。 先ず寝室が物置に近いので片付ける。 間違いなく自分のものだけである。お客さんが来ても入れたことがない開かずの間である。 えーこのようなものもあったのかと言うようなのが出てくる。忘れていたのである。 忘れていたのでまた買ったものもある。 本とか資料とか整理しながら片付けているとベットの下に沢山ダビ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭木の片づけ一段落

今朝も冷え込んでいる。空気がひんやりとする。 まず焚火を起こして温まる。 そして電気のこぎりで切る。 午前中で切り終わる。 午後は運んで積み上げるだけとなった。 しかし、一輪車に積み込むとき中腰の姿勢になると腰が少し痛くなってきた。 椅子に腰を掛けて積み込む。 降ろす時は高くなってきたので腰を曲げなくて済む。 ビニールハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭木の片づけ

奥に置いてあった木を整理しつつ片づける。 まず、中枝を電気のこぎりで短く切る。 腰がくたびれている感じなのでクーラーの使えないものを腰かけに使う。午前中かかる。 午後はチェンソーを使って大き目の木を切る。 枝打ちもする。 チェンソーを使って切るのを終えると薪の積み場に運ぶ。 残ったのはまた電気のこぎりで切る分だけとなる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭木の片づけ

奥にある庭木を片づける。 以前に切って置いた木なのでだいぶ枯れてきている。 ほとんどが手や足を使って折れる。 折れないものを選別する。電気のこぎりかチェインソーで切る。 午前中あらかた分別した。 午後はこれを運ぶ。 小枝は燃やすことを考えたが手間も大変だし、ヒノキ林に肥料とするために捨てる。 一通り整理したので後は電気のこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

焚火で晩酌

今朝は氷が張るくらい寒かった。 焚火を燃やし片づけを続ける。まず通路にある木を片づける。 次に奥に切りっぱなしにおいてあった木を片づけ始める。 奥の木はもともとビニールハウスがあった場所なので時々切っていたのであまり大きい木はない。剪定ばさみを使ったり、手で折ったりして小枝を除けていく。 薪にもならないような木切れは火に燃やして…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

物置の片づけ

昨日引っ張り出した杉の木を短く切る。 山荘を買ったときからあったもので当時はまだ切ったばかりのようにきれいだった。何かに使えるとおいて置いたが15年もたつと腐ってきている。心だけが残った状態である。薪にはもってこいである。 チェンソーで切る。まだ杉の香りがする。 切った後薪を積み上げる。背の高さくらいになる。 まだ木があるので積…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大掃除

この際だから15年間放っておいた物置の入り口を片づける。 いやそれ以前からのものもある。 釜や鍋まで出てくる。何に使ったのだろうと思う。 どちらかと言うと買う前のものが多い。そのまま引き継いだからである。 ビニールハウスで使っていたものと思う。 ゴミを分別する。燃えるゴミ、瓶、缶はわかる。大き目の金属類はどうすればいいのだろう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

流木の片づけ

薪を置く場所を確保するために流木などを整理した。 今日は流木と言うより3年前の大雪で山荘入り口の門柱が倒れたのを片づけて置いたものをさらに短く切った。 後は薪置き場の整理である。 今まで積み上げたのはそのままにして新しく積み上げるところを作った。 一輪車で運んで積み上げる。 ほとんど整理した。残るは物置の入り口の整理である。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初雪

今朝起きると昨夜から降っていた雨が雪になったようで薄っすらではあるが白くなっている。 山荘での初雪である。 庭の奥は日かげなので雪の解けるのが遅い。 午前中は来年の釣り計画を日向ぼっこしながら考える。 まずは過去に釣りに行ったところを調べる。 行くなら北海道である。来年行くとすると6月から夏休みにかけてしか空いていない。 一…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寒い!

今朝も冷え込んだ。ここの所冷え込みが続く。 パソコンでメール、ブログなどであいさつをした後、年賀はがきが足りないので郵便局に買いに行く。ついでに作成した年賀状を山荘において置いても仕方ないので持っていく。前の年輩の局長は預かってくれたからである。 局員において置けないか聞く。15日以降でないとだめですという。14日以前だと一枚62円…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一歩前進

道端の木を片づける。 チェンソーを使い短く切る。 切ったものを一輪車で奥に運ぶ。 上り坂となるので結構きつい。 置く場所を以前から置いてある脇に作って運んだが結構多いためいっぱいになった。 まだまだ、木はあるので大々的に置く場所を作ることにした。 以前から置いてある流木を含めて整理することにした。 一日一歩前に進めれば良し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭木の片づけ

午前中に道端に切り倒しておいた木を片づけ始める。 枯れていた桜の木と白樺の木を道路上に切り落としておいてあったものである。 小枝を剪定バサミを使って切ろうとするが枯れていると硬い。折ったほうが楽である。 今日は手で折れるものを片づけた。後はチェインソーを使って短くする。 午後は明日がゴミの日なので残りの料理を作った。 道端…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭木の片づけ

さらに片づけを続ける。 庭に運んでおいた木はすべて片づけた。 昨日切った葉っぱを栗林に運び、選んだ小枝を電動のこぎりで短くした。 切った小枝は奥に運び積み上げる。高さが背丈ほどにもなった。 まだ通路脇や下の道端、奥に片付けるのがあるのでもう一カ所つくる必要がありそうである。 明日は保育園の餅つき会の準備のため自宅に帰る。 し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭木の片づけ

片づけが続く。 朝方は曇っていたが晴れ上がってきた。 昨日の短く切ったものを運ぶ。 ちょっと疲れが出てきたようである。 昼をはさんでちょっと休憩を取る。 午後に山側に置いてあった木を片づけ始めた。 今まで切ったものを積み上げるようにした。 山側に切って置いた木を片づけ始める。 at:山荘
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭木の片づけ

今日も庭木の片づけを行った。 まず昨日切った木を整理してしまう。 山となった葉っぱを栗林に運ぶ。小枝が残っていないか確かめるためである。 選んだ小枝だけが残った。 これを電動のこぎりで短く切る。 暗くなってきたので切りっぱなしにした。 空が曇ってきてそのうちお月様が傘をかぶった、明日は雨になりそう。 昨日切った小枝と葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

休養

今朝は薄曇りの空、昨日切り落とした大木を庭に運ぶ。 重いせいもあるが何か力が入らない。 一輪車で運ぶのに手だけでは動かない。相撲のごとくお腹で押して動かす。 終りかけたころぽつりと雨が降ってきた。 今日はお終いにしろと神様が言っているように思える。 運び終わって屋根の落ち葉の掃除をしようと思っていたが雨が降ると滑るのでやらない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋根に切り倒した大木を片づける

午前中は昨日切り落とした木を庭に運んだ。 そして昨日残した木もおろし運んだ。 午後一番厄介な大木を片づける。 なにせ重い。瓦を割らないように、建物や窓ガラスを壊さないように行う必要がある。 まず、急峻な崖の作業のため安全ロープを準備する。 短く切るほうと切り残すほうに切り取った時に下に落ちないようにロープで固定する。 切り取…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋根の木を片づける(2)

屋根に切り倒した木を片づける。 屋根は滑るので安全対策を取っているため時間がかかる。 でも一つずつ片付けている。 昨日落とした木をまず庭に運ぶ。 そしてさらに切らなければ落とせない木を調べる。 やはり藤蔓が絡んでいる部分が残っている。 午後チェンソーで切る。 そしてまた片付ける。 しかしまだ残っている。明日にした。 緊…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋根の木を片づける

しばらく天気が続くというので今日から屋根の木を片づけることにした。 安全対策を確認する。 玄関で安全ロープを使い、切れないかぶら下がり、さらに安全帯(電工が電柱に上るときに使うものと同じ)を使って万が一滑った時どうなるか試してみた。 ぶら下がっても平気である。 安全ロープを南側の桜の木と屋根上を通して北側のクヌギの木に縛り付ける…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

屋根瓦を割る

今日も伐採した木を片づけた。 次は屋根にかかっている木を片づけるのであるが藤蔓が絡まっていて片付けられないのがある。 絡まっている木を追加して切り倒した。 蔓が絡んでいると思ったのでいきよい良いよく倒れると思っていなかったが意外と思いっきり倒れたため屋根瓦を割ってしまった。 屋根に上って調べると2枚割れている。 少しくらいの雨…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伐採した木の片づけ(2)

朝から伐採木の片づけを行う。 崖から降ろすのに滑らないように足を踏ん張るので少し足が筋肉痛気味になってきた。 1本ずつ下におろす。 あまり移動しなくて良いように木の枝を使って引っ掛け棒を作った。 ・岩場にある手が届かない枝を引き寄せる。 ・崖を登る時つかまる手掛かりがないところでは上部の木に引っ掛けてロープ代わりにする。 ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伐採した木の片付け

切った木を片づける。 屋根にかかっていても崖から引きずりおろせるものはまず引きずりおろし、屋根に上がらなければ片付けられないものだけにすることにした。 ところが厄介に鉄の棒が何の為にか知らないが前住人が山から屋根に渡してある。 買った当時は木が生い茂って居なくこれを伝って猿が屋根に上っていた。 取ろうとしたが簡単に取れなくあきら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山車飾りの片づけとウオーキング

午前中は軒下に張ってある紅白の幕を各班ごとに分けて降ろした。 午後は山車を飾ってある幕や人形の着物を乾燥させる作業を行った。 山車は漆喰で作ってある山車蔵しまっているが布関係は雨でぬれている。 山車蔵の中では乾燥しないので集会場に干すことにした。8名ばかり集まり少しずつ山車蔵から集会場に運び干す作業を行う。 2時間ばかりで干し終…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

後片付けと直会

16日の午前中は祭りの片づけを行った。 雨が降る中トラックを使い集会場まで運ぶ。 平日ではあるが沢山の人が来た。あっという間に片付く。 しかし、テントなどは乾燥させなければならない。軒下の紅白の幕は乾かしてしまうためそのままにしてある。 夜は町内の直会である。 60名近くの人が参加した。若い人が増えているのがうれしい限りである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅に帰ってきた

山荘を片づけて自宅に帰ってきた。 途中で晩酌食材を買う。 自宅前に来ると一方通行の入り口が工事中で通行止めになっている。 反対側から入ってくださいという。ぐるりと一回りして出口ほうから入る。狭い切り替えしてやっと入れる。 自宅は家内が仕事をするのに出かけているので静かなものである。 約半月の間に来た手紙を見る。 重要と思うも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釣り行から帰ってきた

8月23日~9月7日にかけて群馬県の神流川源流と長野県の千曲川源流への釣り行を終えて今日は荷物を降ろし片づけた。 釣り行の詳細は釣りブログをご覧いただきたい。 http://tamotsu-diary.at.webry.info/ 天気がいまいち良くなく晴れ間を探して布団などを干した。 明日は次の用事があるので自宅に帰る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伐採した木を片づける

昨日最後にチェンソーの歯が外れたので直す。 直した後昨日伐採した木をさらに細かく切って片付ける。 葉っぱのある所は手で折れるくらいまで細かく切る。 葉っぱの部分と枝の部分を切り分けた。 午前中と午後を使って終わった。 明日からどちらも束ねて薪にする。 といっても夕方雨が降りだした。 雨が降れば釣りに行こうと思ったが明日は歯…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山荘の木を伐採

山荘の邪魔になる木を伐採することにした。 最初は切りやすい元ビニールハウスがあった畑の上の木である。 切り倒すだけなので簡単である。 チェンソーなので簡単に切れる。 しかし、最後に電信柱くらいのならの木を切るときは注意した。 切り倒した時、木が跳ね上がってそれにあたって木こりが死んだことも有る。 木を切ると言っても大きな木に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山荘にやってきた

山荘を売りに出したので山荘でのイベントは何も行わないことにしている。 少しずつ片付けることにする。 もし売れないときは朽ち果てるまで山荘で住むことを考えている。 山荘が一番落ち着ける場所なのである。 そのためにも動ける時に出来るだけ整備しておくことにした。 勿論、気分転換にイワナを釣りに行くことも考えている。 購入した時切っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山荘の片づけ

これで山荘でのイベントは終わった。 と言うより終わりにしたのである。 買いたいという人が来れば引き渡せるようにこれから片づけを行う。 まず、同窓会での片づけを行った。 ほとんどはみんなで片付けてくれた。 明日から週末に自宅での壮年会の旅行があるので自宅に帰る。 来週から整備を始める。 庭のソテツがやっと息吹始めた。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more