要望に応えてくれてうれしい


今日も暖かいが曇り空である。
午後はいつものように庭のガラクタをもってウオーキングに行く。
ガラクタはビニール袋に入れる。重さは5kgくらいと思う。
したがってウオーキングする時は15kg背負うことになるが腕で担げない。
車の椅子に置いてリュックを背負い立がるようになる。
全体の三分の一くらい歩いたところの河原に置く。
その後はいつもの10kgの荷物となる。
柔軟体操の場所に行くと椅子が一つ置いてある。
公園管理事務所でどこかにあった椅子を持ってきてくれたのかなと思った。
今日は土曜日家族連れが使っている。
早速、リュックを椅子に置き空いているところで運動を始める。
家族連れが居なくなると一人でゆっくりいつもの運動をする。
すると仲間の一人がやって来た。
用意してくれた椅子に座っていろんな話をする。
話をしていると公園管理事務所でお願いした担当者がもう一個椅子を運んできた。
声をかけありがとうとお礼を言う。
新しく金をかけて椅子を設置するためには金がかかる。
担当者の権限では出来ない。上司に伺いますといったが大丈夫かなと思っていた。
でも今日、あまり使っていないと思う椅子を移動するのには担当者でもできると思っていた。それを話そうと思っていた矢先実行してくれた。ほめて遣わすというところである。
この場所は公園をランニング、ジョギング、ウオーキング、散策する人、子供連れが遊びに来た人達が一番通る所である。
というより公園を一周するためにはここを通ることになる場所である。
群集心理で人が集まっていれば人が寄ってくる。
椅子を二つ用意してもらったがもっと増やし、公園に来る人の憩いの場所になればいいなと思う。

行った時は一つ椅子が置いてあった。
DSCF2351.JPGDSCF2350.JPG
仲間と話していると担当者がもう一個椅子を持って来た。
DSCF2352.JPGDSCF2353.JPG
晩酌に鯛の酒蒸しを食べる。美味しい。最高のつまみである。骨までしゃぶれる。微生物が食べると硬い骨だけが残るのと同じように骨だけ残した。
DSCF2355.JPGDSCF2357.JPG


at:隠居宅

"要望に応えてくれてうれしい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント