棚つくりと燻製作り

11月29日の日記
裏庭にいろんな物を仕舞うための棚を作っている。
今までに隠居宅にあったと同じ鉄パイプを買ってきた。
工事現場で足場を組むものと同じである。
結構鉄なので重い。一人で組み立てるのは容易ではない。
仮止めで組み立てていたが曲がったなと直そうとすると崩れてしまった。
今度は最初からねじをしっかりと締める。
このほうが良いことが分かる。
16時になったので作業途中で終わりにする。
魚の燻製を作るためである。
燻製つくりを準備して16時半から始める。
開始と同時に乾杯と晩酌を始める。
30分おきにチップを取り換える。
温度が60℃になるように火加減を調整する。
これを4時間続けるのである。
パソコンで人の動画を見ながらである。
特に珍しいのがあった。ドイツの人が撮った映像であるが滝の流れを同じところで2時間も取っている。
滝のドドドという音は好きである。
渓流釣りの時も滝の近くで落ち込みの音を聴きながら寝る時がある。子守唄に聞こえるのである。
映像を見ても面白くないが滝の音をバックグラウンドミュージックとして聴きながら燻製つくりを続ける。
山の中で燻製を作っている雰囲気になる。残念なのはたき火がないことである。
1時間で25度の芋焼酎でのいつもの量が終わる。焼酎コップ一杯分を3回に分けてホッピーで割る。
純米生原酒を取りだしてきて飲み始める。
そして20時半に燻製が出来上がる。
ワシも出来上がっていた。日本酒を2合飲んでいた。
酔っぱらって眠くなってきたので日記は書かずにバッタンキューである。

買ってきた鉄パイプ、一人で工夫しながら組み立てる。
20201129022358(2).jpg20201129022358(5).jpg
仮止めでやっていたがちょっとずらそうと動かすと崩れてしまった。
20201129022358(7).jpg20201129022358(10).jpg
今度はスパナでボルトを締めながら行う。
20201129022358(14).jpg20201129022358(15).jpg
何とか格好がついてきた。ひさしより出っ張ったので屋根をつける必要がある。
MAH01406(1).jpg
外はたき火が出来なく寒いので部屋の中から燻製を作り始める。天地自然に乾杯も始める。
DSCF3600.JPG20201129051650(2).jpg
チップの取り換え、温度管理は欠かせない。
20201129051650(3).jpg
定量の晩酌が終わると日本酒を飲み始める。
20201129051650(6).jpgMAH01408(2).jpgMAH01408(4).jpg
4時間後に燻製が出来る。ワシも出来上がっていた。
DSCF3601.JPG

at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

スーさん
2020年11月30日 10:43
おはようございます。神子さんの隠居宅へ行けなかったことが
心の片隅に残念ながら残っております。写真を拝見いたしまして
重労働であることが伺え、我々がお手伝い出来たならな~あと
思っております。イワナの燻製は、十分に上手に出来上がり
酒のツマミとして、一杯やれたら最高ですね。神子さんが、丈夫
なうちに、また隠居宅を訪問出来ることを願っております。以上
釣り好き神子
2020年11月30日 19:30
この度のイベント急な変更で皆さんには申し訳なく思っています。
でも、皆さんの健康、そして隠居宅の周辺の環境から考えて中止させていただきました。がんばっていていた鈴木さんには申し訳なく思っています。
ワシの方はいつもの通りマイペースで楽しみながらの作業をしているだけです。
皆さんに手伝ってもらっていたらやることが無くなって退屈していたかもなと思っています。