釣竿とウオーキングと飲み会

先日、西日本の釣り遠征で折れていた渓流竿の部品取り替えを頼んだが品物が入ったというので受け取りに行く。
リリアンが付いている一番目は1,300円、三番目は611円である。
なんともない時は1本あれば一年中釣ることが出来る。
しかし今回は2本も釣り遠征で折ってしまった。
でもこの修理で楽しめることは安いものだと思う。
店員さんはずいぶん使い込んでいますねと言う。
何年も使っているので塗料が剥げてきているのである。
塗料を買ってきて塗れば新品同様になるのだが、極道門にはめんどくさいとなる。
これで来年の3月の解禁時の時の釣竿の準備が出来た。
午後はウオーキングに出かける。
今日は足の他に手首に300gの重りを付けた。
手に付けるほうが腕を振るので重たさを感じる。
でも運動をしている気分になる。
いつものように帰りにスーパーにより食料を買い込む。
帰ってきて今日は壮年会の慰労会だったと思い出す。
祭りが終わったのでご苦労さん会である。
宴会の開始が勤め人が居るので19時なので腹が減る。
いつもはこれから風呂に入り18時頃から晩酌を始める。
遅くなりそうなので日記を書いて置く。

修理が出来た釣竿である。ワシにとっては大事なものである。
DSCF1230.JPG
腕に300gの重りをつける。
DSCF1226.JPG

at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント