放射線治療とウオーキング

17回目の治療に行く。
今日はスムースに進み1時間もかからなかった。1時間以内だと駐車場は無料である。
帰ってきてヘラブナの産卵の動画を釣りブログにアップする。
午後はウオーキングに出かける。
また寒さがぶり返してきて北風が冷たく上着を着て歩く。
伊佐沼の水がだいぶ増えてきた。ヘラブナの様子を見る。
産卵が終わり始めたのか数は減ってきている。
それでもペアが出来上がっていて浅瀬に居る。
面白い光景を見る。
昨日ヘラブナが産卵していたところで水鳥たちが何かしている。
観察しているとヘラブナが浅瀬に産卵した卵を食べているようである。
潜れないが頭を水の中に突っ込み一生懸命食べているのである。
北海道でサケの稚魚が海に下るときにカモメがその稚魚を食べているのと似ている。
ヘラブナは深みに産卵すると他の魚に食べられるので浅瀬に産卵しているのであるがそれを鳥が食べているのである。油断も隙もあったものではない。自然の世界は厳しい。
〇がんについて
病院でもらってきたのは967枚の映像である。医学的に専門に見る画像は特殊な拡張子でありアプイケーションがないので見られないが、同じものを簡易映像として拡張子「jpg」に変換してくれているのを見ながらであるが映像だけではどこかわからなところがある。
先生に聞くわけにもいかないので映像に入っている日時を見ながら推測している。
イメージとして説明しているので参考にしてください。
ノートパソコンは画面が小さくて映像に書いてある字が読めないのでテレビをモニター代わりにして拡大して見ている。一覧表は小さくて見えないので拡大してスライドショーで見ている。
画像
画像

1月7日の手術の続き
がんを切り取っている所。
画像
画像

切り取った跡を縫い合わせる。この金具は便と一緒に出るものであるが一度出口に引っかかって夜電話したことがある。しかし、次の朝便と一緒に出た。
画像
画像


〇ウオーキングの映像
桜の花の下でヘラブナを釣っている。
画像
画像

ヘラブナを見ると静かになり、ペアが出来ている。
画像
画像

水鳥たちが何かしていると見ているとお尻を持ち上げ潜ってはヘラブナが産卵した卵を食べているようである。
画像
画像

沼の出口の川には菜の花が咲き、桜の花びらがじゅうたんを敷いたように川面に浮かんでいる。
画像

淀みの所には亀が水面から顔を出している。
画像


〇昨日のヘラブナの動画は釣りブログにアップした。下記をご覧ください。
https://tamotsu-diary.at.webry.info/201904/article_1.html


at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック