放射線治療とウオーキング

22回目の治療に行く。
いつもより2分くらい早く出る。
すると裏道で電車の踏切を渡るがいつもは踏切が閉まっている時になる。
今日はまだしまっていなくすぐ通過できる。
すると不思議、信号をいくつも通過するがすいすいと行けるのである。
いつも3~4回くらい待つ信号も一回で済んだ。
ところが裏道を走り大通りに出るところが2か所あるが信号がないところである。
車の量が結構多く、右折するのが大変なところであるが今日に限って曲がる隙間がないのである。
これで折角早く来ていたのにいつもの時間と同じになる。
午後はウオーキングに行く。
風が強いが暖かい。
今日も重りを背負っているとかったるい感じである。
背負うのも、足と手に付けるのも止めて歩く。
山に荷物を背負って歩くことはないのでこれで十分と思う。
何か身体が軽い感じがする。
〇がんについて
いよいよ抗がん剤を飲みながら放射線治療で治すことに決定する。
説明を受ける。
「放射線治療について
病気(腫瘍)を治したり、症状を緩和させるのに効果的な治療です。放射線は目に見えず、身体にあたっても何も感じません。
病気の細胞は放射線があたると徐々に死滅しますが、正常の細胞はあまり傷みません。放射線を使うことで身体を傷つけずに治療することが出来ます。
ただ、放射線治療は、予定された一定の期間継続して行わないと効果が落ちる可能性がありますので、途中でやめないようにして下さい。放射線治療は医師、放射線技師、看護婦、そして医学物理士などのチームで行いますので、私たちスタッフに何でもご相談ください。
放射線治療機械のポンチ絵、これは胸であるがワシはへその下である。
画像

放射線治療範囲の説明。
画像

CT映像で黒い部分(直腸)に放射線を当てることになる。上下と左右両横からである。各5秒間くらいである。
画像



〇ウオーキング
大きい桜の花だと近くで見ると小さい花が固まって咲いている。
画像
画像

坊主に切り取った欅の芽が出始めた。
画像
画像

面白い木がある。花のつぼみかなと思ったら、開くと花と葉っぱが出てきているのである。
画像
画像

関山の桜も咲いてきた。
画像
画像

同じところに普賢象(フゲンゾウ)の桜がある。一本の木にしろとピンクの花が咲いている。
画像
画像


at:隠居宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック