がんの勉強、バッテリー充電、ウオーキング

がんについて勉強中である。
読んでもすぐ忘れるのでポイントだけをメモを取る。
ここにその一部を掲載する。

「「「がんについてのメモ」
(国立がん研究センターがん情報サービスよりの抜粋)

基礎知識
1.誰でもなる可能性がある。
現在日本人は、一生のうちに、2人に1人は何らかのがんにかかると言われている。すべての人にとって身近な病気である。(一般的に言われているものは数の多いものであるが他を含めてがんの種類は数えきれないほどある。体のどこにでもできるというわけである)
生涯で・男:がんになる確率;62%、がんで死亡する確率;25%
    女:がんになる確率;47%、がんで死亡する確率;16%
(国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」より)
2.予防できるけれど完全には防げない。
がんは禁煙や食生活の見直し、運動不足の解消などによって、「なりにくくする(予防する)」ことができる。しかし、それらを心掛けしていても、がんにならないようにすることはできない。
3.うつる病気ではない。
がんは遺伝子が傷つくことによって起こる病気である。がんという病気自体が人から人に感染することはない。

人体の身体は細胞からできている。がんは、普通の細胞から発生した異常な細胞のかたまり。
正常な細胞は、体や周囲の状態に応じて、ふえたり、ふえることを止めたりする。例えば皮膚の細胞は、けがをすれば増殖して傷口をふさぐが、傷が治れば増殖を停止する。一方、がん細胞は、体の命令を無視して増え続ける。勝手にふえるので、周囲の大切な組織が壊れたり、本来がんのかたまりがあるはずがない組織で増殖したりする。正常な細胞ではこのようなことはない。

がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に2個から10個程度の傷がつくことにより発生する。これらの遺伝子の傷は一度に誘発されるわけではなく、長い間に徐々に誘発されることが分かっている。

傷がつく遺伝子の種類や傷の種類などもわかってきている。

遺伝子の傷はDNAの傷を意味する。人の細胞の中にはDNAが存在し、そこにわれわれの遺伝子が暗号として記録されている。遺伝子の突然変異とは、この遺伝子の暗号に間違いが生じることを意味している。タバコ、食物の焦げ、紫外線など、さまざまな外的要因(発がん要因)が遺伝子突然変異を引き起こすことが分かっている。」」
このように考えると誰でもなる可能性があることが分かった。
しかし、風がはやると大騒ぎするがガンについて騒がないのはなぜだろうか。治る望みがないからだろうか。
沢山の人がかかる病気なら国はもっと公表して対策に力を入れるべきではないだろうか。
(2019年2月11日現在)
難しいことを勉強していると疲れてくる。
釣り行に使うバッテリーを充電することにした。
電池の残量をテスターで調べる。電圧は12ヴォルトあるようである。ほおっておいたので回復したようである。しかし、パワーは使ったので無いと思う。充電を開始する。
この間ウオーキングに出かける。
結構寒い。休みとはいえ人は出ていない。
でも、送電線の工事はやっていたご苦労さんですと思う。

バッテリーの電圧を測定する。そして充電開始である。
画像
画像

寒空で送電線の工事をやっている。電線の途中に鳥が沢山止まっている。電気が流れていないので止まっていると思う。小さい鳥に見えたが飛び立つとシラサギのようであった。
画像
画像


at:隠居宅


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2019年02月12日 09:18
いろいろ勉強もしましたねえ。
細胞の数だけでも37兆もあるようです。
その中の核酸のDNAですから気の遠くなる数の話ですが
なんで痛むのか、がんになるんですねえ。
不思議な世界ですがそれが解明されていくのも凄いですよ。
釣り好き神子
2019年02月13日 08:01
三面相さん
自分には縁のないものと思っていましたが急きょ猛勉強ですよ。
よく考えれば不思議な世界ですね。
宇宙と同じではないかと思うようになりました。
内臓には神経がないので痛くはありませんが段々悪くなって神経のある表面にまで転移してくると傷みが出ると思います。したがってその時は遅いとなるでしょうね。やはり早期発見ですよ。
がんに体内で我が物顔させないことだと思います。

この記事へのトラックバック