保育園の餅つき会

今日は恒例の保育園の餅つき会である。
今日は冷え込むという予想であったが日が差して暖かい。
10時開始であるがもち米を蒸したり魚を焼くための準備を8時半から行うためにお父さんたちには早く来てもらった。
庭が狭くなったのでたき火が出来ない。バーベキューコンロで炭を起こしてもらう。
もち米を蒸すのはかまどを使う。ガスでやることにしていたがお湯を沸かす釜が置けないので薪でやることにした。
10時前にもち米を蒸し始め、魚も焼き始める。
少し落ち着くとビール片手にやってもらう。
10時から室内で子供さんたちが劇とかの出し物をやるのでとお父さんたちには全員一旦部屋に入ってもらう。
自分の子どもが終わると外に出てきて手伝ってくれる。
そして餅つきが始まる。何回かついて経験のある人を先頭に交代しながらつく。こねるのもお父さんたちである。
親子で80名くらいだというのでイワナ、ヤマメ、ニジマスを80匹くらい用意した。
トン汁は昨日から煮込んでおいたものを温める。
魚を焼き終わるとちゃんちゃん焼きを用意する。
サケの代わりに大きいドナルドソンニジマスやアメマスを使う。
野菜はキャベツ、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、ピーマン、もやしをふんだんに使う。
味付けは日本酒に味噌と砂糖を入れる。
盛り付ける時にバターを入れて蒸し焼きにする。
40分くらいで出来上がる。
11時頃子ども達の出し物が終わり食べ始める。
イワナの骨酒を作りお父さんたちに飲んでもらう。
例年は子ども達に綿あめを作っていたが父兄たちが相談して今年はポップコーンにしたようである。
最後には子ども達に餅をついてもらう。
餅を食べ終わったら残った餅は折詰にしてお土産に持って帰ってもらう。
12時過ぎに終わりとなる。
例年のように話をしたい人で2次会をする。
色んな話をして15時頃解散した。

魚を焼くのに時間がかかるので早くから焼き始める。
画像
画像

もち米を蒸す。卒業していった子ども達が火の面倒を見る。
画像

子ども達の出し物が始まる。
画像

餅をつき始める。
画像

みんなが食べ始める。
画像

子ども達にポップコーンを作る。
画像

餅はいろんなのを作る。食べ終わると残った餅は土産用に折詰する。
画像

最後には子ども達に順番についてもらう。
画像

イワナの骨酒である。コップに取りだして飲んでもらう。
画像


at:自宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2018年12月09日 07:15
庭が様くなったのは例の道路のせいですか、
ちょっと残念なことでしたね。
毎年の餅つき大会が続いていて素晴らしいです。
釣り好き神子
2018年12月09日 07:37
三面相さん
セットバックは前に建てる時にやっていたので関係なく床面積を増やすために建物を広くしたためです。
でも、何とか今までのようにできることが分かり安堵しています。皆さんこのようなイベントを喜んでくれます。これで毎年行うことができることになりました。お父さんたちもワシの孫のような年の人たちですよ。

この記事へのトラックバック