川越祭りの三番叟山車の組み立て

10月20日(土)~21日(日)に行う川越祭りのための六軒町の三番叟山車の組み立てを行った。
朝9時からと言うが早くから集まって来る。
今年はワシの孫の一番上が祭りに出たいというので組み立てをやるからおいでと言って友達を連れてやって来た。
山車蔵から部品の出しから始まる。
梱包してあった布を取り部品を並べる。
釘を一本も使わずに組み立てるようになっている。
先ず土台を組み立て車輪を取り付ける。ここが大変な作業である。
車軸と本体はロープで縛るのである。釘を使うと激しい振動で釘が抜けることになるがロープで縛るために柔軟性がある。
土台ができると順番に組み上げていく。順番を間違えると組み込めない。
ベテランの指導で進む。
昼の休憩をはさんで16時頃出来上がる。
終ると本番まで山車蔵に仕舞って置く。
今年は例年より参加者が多かった。
見学者も2組くらいやってきて周りの人に質問しながら見ていた。

山車蔵から部材を運び出す。そして梱包をほどきならべる。
画像
画像

土台組み立てが大変である。
画像

重い土台もみんなで力を合わせて行う。
画像

山車の頭ともいうべき重要な屋根重い上に高いところまで上げる。みんなの協力なしでは出来ない。
画像

ほぼ組みあがった。
画像

引き綱を付ける。
画像
画像

三番叟は別室で着物を着る。
画像

組み立て終わったぞ!
画像

山車蔵に仕舞う。動かし始めである。
画像
画像

山車蔵に仕舞った。本番を待つのみとなる。
画像
画像

過去に撮った組み立てのブログでアップした動画を載せる。
ただし、非常に長い(全部で3時間)のでデータが多すぎてパソコンにより見られない場合がある。
その時はYouTubeで「三番叟山車の組み立て」で検索すると分割して1~9編まである。
https://tamotsu-tuujyounikki.at.webry.info/201705/article_12.html

at:自宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック