たるばあ飲んだ高校の同窓会

昨日は高知工業高校の同窓会桂工会の東京支部の同窓会であった。
午前中は川越祭りのための軒ぞろえ(紅白幕)を各班ごとに張る作業がある。
9時から始めるというので9時前に集会場へ幕を取りに行く。
そして5名ばかりで紅白幕を貼る。
電信柱、軒下、庭木、街路灯などを使って張る。何もないところは竹の棒を立てて張る。
12軒分を10時過ぎまでに張り終わった。
家に帰り着替えをして東京の有楽町にあるまるごと高知アンテナショップ「TOSA DINING おきゃく」に向かう。
東京に出るのは先週に続いてとなる。
会場に開始予定の13時ちょっと前に着くとすでに皆さん来ている。
来賓も含めて47名と言う。
参加者がずいぶんと少なくなった。
以前は100名以上の参加でホテルで行っていた。
総会を行い来賓の挨拶があり懇親会となる。乾杯の音頭を指名される。
元気よく乾杯を行う。
後はにぎやかな土佐弁丸出しの歓談となる。
今年も若い先生が今年卒業の若い子を連れてきてくれた。
まだ19才で酒は飲めない。
しかし、参加者が減るのは若い人たちが入ってこないからなのでうれしいことである。
あっという間に時間が過ぎお開きとなる。
二次会へと繰り出すことにして有楽町の駅前の中華屋で行うと声をかける。
20名近くの人が参加するという。
すぐに出かけて席を取る。
まだ早いので割に空いていた。
来たもの順から席に座ってもらい。紹興酒でおきゃくを始める。
何組か他のお客が居たが早々に引き上げていった。
そしてほとんど貸し切りのようになる。
土佐弁で話が続く。
1時間半ばかりで終わりにする。飲んでも飲まなくても割り勘である。
発散するためにカラオケを誘う。
5名ばかりで駅前のカラオケに入る。
高知から来た来賓2名も一緒である。
ハイボールで乾杯し歌い始める。
カラオケを1時間で始めたが歌いだすとみんな止まらない1時間延長する。
外に出ると暗くなっていた。
来賓の2名は新橋で泊まるというので別れた。
残る3名で少し落ち着いたところで飲もうと、近くにある四万十川に入る。
店の中を四万十川を模したように水が流れており、カワムツが泳いでいる。
ここでまたかつおのたたきを頼み故郷の酒である亀泉の酒「CEL-24」を飲む。
ゆったりした場所なのでお互いリラックスしたようにいろんな話をする。
23時頃に電車が無くなると終わりにした。
自宅に帰ってきたのは終電車の一本前で午前1時である。
思いっきり飲み思いっきり話した感じでさっぱりした飲み会であった。

本部の同窓会長の挨拶。
画像

若い子を連れてきた先生の挨拶。
画像

中華屋で2次会、有楽町の駅前である。
画像
画像

カラオケを歌う。来賓の人、今回参加で最高齢の人歌いなれている。
画像
画像

時間を延長し踊りまで出てくる。
画像
画像

記念写真を撮る。
画像

四万十川の店内にある水の流れカワムツが泳いである。
画像

自宅に帰る。真夜中の紅白幕が目に入る。
画像


At:自宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2018年10月14日 14:32
まっことたるばあ飲んだみたいじゃあ
呑み助の会長が相変わらず元気ですねえ。
他にも元気な人ばかりですね。
釣り好き神子
2018年10月14日 20:09
三面相さん
会長の歌の上手いのには驚きました。
酒も強いですね。
社交的で面白い人だと思いましたよ。

この記事へのトラックバック