山車飾りの片づけとウオーキング

午前中は軒下に張ってある紅白の幕を各班ごとに分けて降ろした。
午後は山車を飾ってある幕や人形の着物を乾燥させる作業を行った。
山車は漆喰で作ってある山車蔵しまっているが布関係は雨でぬれている。
山車蔵の中では乾燥しないので集会場に干すことにした。8名ばかり集まり少しずつ山車蔵から集会場に運び干す作業を行う。
2時間ばかりで干し終わる。
山車の解体は22日を予定しているが台風の影響で雨のようである。雨の時は11月3日になる。
終ったあとウオーキングに出かける。いつもより1時間ばかり遅い。
歩かないと体がなまってくる気がするのである。

三番叟を分解して運び着物を干す。
画像

空いていた和室に所狭しと干す。
画像
画像

画像
画像

ウオーキングしたが昨日はシラサギが田んぼで餌を取っていたが暗くなってくると集まっていた。
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

三面相
2017年10月18日 20:37
祭りが雨だったので
片付もたくさんあって大変ですねえ。
解体もまた雨のようですよ。
ますます時間がかかりますよ。
釣り好き神子
2017年10月19日 08:11
三面相さん
370年も続く伝統行事、川越氷川神社の山車行事を含めた全国の33件の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産として登録されました。県の有形文化財に指定もされています。山車を大事にしなくてはなりません。
三番叟の着物が古くなったので新調しようと考えましたが古いままの着物で文化財に指定されているので新調はだめで補修で終らしました。
山車の解体は外で行うため雨が降ると行いません。しばらくはだめのようです。

この記事へのトラックバック