保の通常日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨が降る中夢の世界へ

<<   作成日時 : 2016/03/14 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

朝から雨が降っている。それも寒いくらいである。
部屋に閉じこもりとなる。ついパソコンに向かう。
何かが不満である。インターネットでいろんなものを見るがこれは面白いと感じるものも無くなっている。
興味があるのは地球進化〜46億年・人類への旅シリーズである。
これは面白い。人間の先祖はどのようにして生まれてきたかなど好きな釣りをしていて魚の動きなどから温度の変化に対して移動していることにつながる。
人間も寒いところには居なかったと思う。文明が進み衣服をまとうようになり暖房も使うようになって寒いところにも住むようになってきたと思う。そして環境と食べるものにより大きさや肌の色が違ってきたと考える。
地球は滅亡したり再生したりして来た。そして今の人間が生まれてきた。そのように考える。
もし大昔のように地球が大きな惑星と衝突をしたなら人類やほかの生き物も滅亡すると思う。
しかし、海底深く太陽の恩恵がなくても生きている生き物がまた海面に浮上し陸地に上がるかもしれない。
このように考えると現在の人間以前も地球上に人間が生きてたのではないかと思うようになった。
何億年の単位での考えである。
アメリカのパーキンソン博士が宇宙は膨張していると言っているが、自分もそのように思う。
恐竜時代はとっくに過ぎているが、現在の人間も段々大きくなっている。
自分の子供は同じものを食べて育ててきた。しかし、全員親より背が伸びている。
世界で背丈2mを越したとギネスブックに載ったのは記憶に新しいが、今に身長3mの人が出てくると思う。
人間もこのまま進めば恐竜時代のような巨人が現れると思っている。
今に宇宙に住む時代が来ると思っている。
ここで今の人類はわかれると思う。
猿が人間の祖先であるという説がある。勉強したかしなかったかの違いだろうと考える。
勉強して人間になり、勉強嫌いで猿のままでいる。
人間も今後二つに分かれると思っている。
頭の良い人はどんどん頭が良くなり宇宙に飛び出していくことになる。すべてロボットなどを使い人間は指一本で操縦することになる。歩くことも労働をすることも無くなる。イメージ的には漫画に出てくる宇宙人のように頭でっかちで手足はタコのように細い。
一方、やはり人間は力で生きていくという人達で昔でいうとアナログ人間である。
自分はアナログ人間かなと思っている。
しかし、あと300年後に生まれる時は人間が宇宙に住んでいる時に生まれてきたいと願っている。
そして、あの地球には我々の先祖が生き続けているんだと聞ける時代にである。
寝て居る時の夢は予測できないが起きて居る時、頭で夢を見るのは自由である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやぁ〜、難しい話になりましたねぇ。
何となく、面白いような・怖いような・・・・。
しかし、何千年・何億年の単位でなら、考えられなくもないですね。
長野のいごっそう
2016/03/14 20:41
長野のいごっそうさん
人間が考えることは何でもできるといわれています。
人間の能力は平均してわずか7%くらいしか発揮していないと言い。頭の良い人が能力をもっと発揮してコンピューターを作り、そのコンピューターの能力も7%しか使っていないと言います。
まだまだ開発に余裕があります。
宇宙に飛び出すのはまちがいないとおもっていますよ。ワシらは間に合いませんが300年後くらいにもう一度生まれてきましょうや。ハハハ
釣り好き神子
2016/03/15 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨が降る中夢の世界へ 保の通常日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる