山荘にやってきた

明日の山荘の有る地元での神社のお祭りがあるために山荘にやってきた。
神社は山の上に有り、上らなくてはならない。
年を取った人が多い集落では代表が上りお祈りする。
お祭りとは言っても神社にお参りして、その後集落の全世帯の人たちが集まり直会を行うのである。
集落のコミュニケーションの場である。
昔はにぎやかにやっていたようであるが、若い人たちは町に出て居なくなり老人ばかりになってしまっている。
田舎暮らしが好きな自分であるが何か寂しさを感じる。
しかし、枯れ木も山の賑わいになればと毎年参加している。
自分のいる班が当番になっているので明日は早くから神社の周辺の掃除を行う。
そしてのぼり旗を立てる。

山荘の庭のピンクのあせびの花が咲いた。片隅にあるタラの芽が膨らみ始めた。
画像
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

長野のいごっそう
2016年03月27日 19:40
高齢化の進んだ山村のお祭りは大変でしょうね。
このまま高齢化が進めば、村の存在そのものまで心配ですねぇ。
といっても、有効な手立ても・・・・・。
三面相
2016年03月27日 20:43
少し用があって江戸に行っていましたが
ニアミスだったようですねえ、アハハ
今高知にいますがまた高松に移動です。
釣り好き神子
2016年03月28日 14:53
長野のいごっそうさん
寂れてくる集落、寂しいですね。
何とかならないかとは思うんですが力のないワシではどうしようもありません。
良いアイディアが浮かんできません。
釣り好き神子
2016年03月28日 14:56
三面相さん
だろうとは思っていましたがどこにいるのかコメントを受け付けなくて聞けなく。
会えませんでしたね。
5月を待っていますよ。

この記事へのトラックバック