農作業

朝からパソコンで動画の整理を行うが、今までスムースにできていたのが急にうまくいかなくなった。
なぜかを調べるが分からない。
今にも雨が降ってきそうなので気分転換に外に干してあった草を束ねて自宅に持って帰れるように車に乗せた。
束ねる時草の香りがする。子供のころ牛やヤギに食べさせるため草刈りをしたことを思い出した。
持ち帰り芋畑に敷き詰めたり、カボチャ、スイカなどの下に敷き詰めるためである。
草が生えてこないし、腐ってくると肥料になる。
山荘で野菜ができれば自給自足生活ができるのであるが、今のところ作った野菜は猿、鹿、イノシシに食べられてしまう。
鹿は垣根を作ればよいが、イノシシは頑丈に作らないと突進して破るという。猿は垣根を越えて入り込む、防護が大変である。
そしてワラビを収穫した。
毎晩のように晩酌のつまみにしている。
ワラビもススキなどが伸びてきて探すのに大変になった。
草刈機で刈り取ろうとは思っているがなかなかできないでいる。
百姓の子せがれだったからできるのだと思う。
「昔取った杵柄」と言う言葉があるが子供のころ経験したことは忘れないものである。
子ども達にやりたいこと、やってほしいことをどんどん経験させてほしいと願うジジである。

干した草を車に乗せた。右は取ってきたときのもの、量は半分、重さは三分の一くらいになった。
画像
画像

ワラビを収穫した。
画像

山にある鬼ぐるみの実である。聞くところに寄れば調理が大変であるが食べられるという。
画像


at:山荘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

三面相
2015年06月30日 21:52
草を持って帰るとは…
一般的には考えられないことでしょうね。
当方はよく理解できますが…アハハ
まだワラビが取れるんですか凄いですねえ。

釣り好き神子
2015年07月01日 08:10
三面相さん
花が咲いて実がなってしまった草は逆に草を増やすことになり大変になります。
したがって今の時期は新芽であるススキを使います。
ワラビは採るもんだからどんどんエリアが広がっています。
気温が上がってきて成長が早くなり、ちょっと伸びると硬くなりだしました。
でもワシは馬ですから草は好きですね。毎晩の晩酌のつまみです。今にスマートになりますよ。ハハハ

この記事へのトラックバック